No.028「村野 徹」さん

1top
ペモリ)
初めまして。前回ゲスト「丁肇海(テイチョハイ)」さんからご紹介頂きました「村野 徹」さん、本日は宜しくお願い致します。中野で19年続く老舗のラーメン屋と伺いました。

村野)
初めまして。中野駅北口で「菜華」というラーメン屋をやっています。
1997年創業して今年で19年になりました。
「丁肇海(テイチョハイ)」さんは近所の飲食店同士で昼に良く食べに来てくれます。

 

16
ペモリ)
「菜華」とはどういったお店なんですか?

村野)
「菜華」は近隣の方が毎日でも来てもらえるようなあっさりしたラーメンを提供しています。
こだわりの魚だしと鶏ガラを使用したスープで、薄口醤油の細麺支那そば、濃口醤油の太麺醤油ラーメンを中心に、塩、味噌、つけめん、最近人気の油そばとメニューが充実してます。
特に魚だしの煮干しは瀬戸内産を使用していて他で取れる煮干しと違って近場で漁獲し生きた状態で加工するので新鮮で臭みがなくうちのシンプルであっさりしたスープを非常に美味しくご提供できます。

 

12
ペモリ)
1997年創業って19年続くって本当すごいことだと思いますが何でラーメン屋を出そうとしたんですか?
また長く続く秘訣とかあるんですか?

村野)
最初は親の代から見てもらっている占い師に「食の星で生まれた。赤色が見える。」と言われてもともと食べ歩くのは好きで、赤=ラーメンという感じで始めました。ラーメン屋でどういった流れかなど学んでからオープンしましたが、こんな続くとも思っていませんでしたね。笑
秘訣かは分かりませんが、飽きないでコツコツやることです。とは言ってもお客様が来ないと続かないしお客様には非常に感謝しています。
やっぱり長年やっていると本当にダメかもということが何度かありました。
その度に業者や飲食業界のセミナー、展示会などで情報を聴きながら相談しながら少しずつ味を変えてきました。
長年やっていたら様々なお客様を見る機会があり、昔から毎日来て頂いており風貌が変わっていく姿や、当時彼氏彼女で来ていたけど、一人で来だしたから別れちゃったのかな〜と思っていたらその彼女と結婚して子供が大きくなって子供を連れて3人でくるお客様もいたりとか長年やっていてそういったお客様と会うと感慨深いですね。

 

9
ペモリ)
いい話ですね〜。
そもそも何で中野でお店を出そうとしたのですか?
また中野の良いところを教えて下さい。

村野)
私は小学生の頃から中野に住んでいて当時からここらへんは飲食街だったのでここにお店を出しました。
中野は人も街もお店も気取っていないところが良いですね。
サンダル履いて歩けるし、安いお店が多く安心できる庶民の街ですね。
地元なので若い頃から知っているお店のオーナーが現在で70,80歳くらいになっても営業しているお店もあるのが嬉しいですよね。

ペモリ)
中野を一言で言うと?

村野)
気取らない街!!

 

10
ペモリ)
中野の好きな場所・お店を教えて下さい。

村野)
「食楽」という魚をメインとした居酒屋で、メニューが充実していて美味しくて安いです。ホッピーもあるなどカジュアルに行けるところが魅力ですね。

「よ蔵」という魚メインの立ち飲み屋で、280円の刺身など魚を美味しく安く、気軽に食べられます。大将がお神輿も好きで町内でお酒を振舞っていたりするなどコミュニティーが深いお店ですね。ママとはよ蔵で出会ったんです。

「酒菜家 秀」という魚が美味しいお店です。くろむつ,のどぐろなどこだわりの魚を煮魚、焼き魚など最高の調理で提供してくれます。大将の味付け焼き方も抜群で個人的に中野一美味しい魚のお店です。その割に安いのも良いですね。

 

13
ペモリ)
ありがとうございました。
独特のフランクさを持つ魅力的な方でした。
次回もお楽しみに!

村野)
ありがとうございました。
次回も宜しくお願いします。

 

続きを読む