No.026「加藤 亮」さん

1top
ペモリ)
初めまして。前回ゲスト「大林 芳彰」さんからご紹介頂きました「加藤 亮」さん、本日は宜しくお願いします。
中野で飲食をやられていて弟のような存在とのことでしたがどういったご関係なんですか?

加藤)
初めまして。中野駅北口にある居酒屋「雛家(ひなや)」のオーナーをしております。
大林さんとはうちのスタッフがアガリコタラートに転職するとなった時に紹介してもらい、居酒屋協会という団体でキリンビールの新作を紹介する会があって、その打ち上げで大林さんがうちのお店を使って頂き、その後アガリコタラートで2次会したのがきっかけで、アガリコタラートのスタッフや周辺の方々と仲良くなり、今では大林さんの周りの方も含め、グルメリサーチツアーを一緒に行き勉強させて頂いています。

 

5
ペモリ)
「雛家」とはどういったお店なのですか?

加藤)
「雛家」は一軒家を改装した古民家大衆居酒屋で、個室・半個室が充実しており靴も脱ぐので、ホームパーティーで招かれてくつろいでもらうという感覚で来て頂けるような空間作りを意識していて、職場の人と仕事終わりや友達同士、合コンなどグループで来て居心地が良く使い勝手の良いお店になればと思っています。また中野では中々ないくらいの大箱もあるので団体予約にも便利です。
使い勝手が良くなればと思い、料理も大衆居酒屋風メニューでその中に、季節のメニューやお惣菜、オススメの長崎五島列島直送の魚など充実させています。
お店自体は11年目でそもそもはこのお店のオープニング店長として働いていたのですが、お店自体を5年前に譲渡して頂き、今はここと先日オープンした江古田の「とろわる」と2店舗で営業しています。
オープン当初2年くらいは全然人が入らなくて鬱になるくらいしんどかったですが、今はお客様にも恵まれて11年続けることができています。

 

13552691_1005627076222565_1122024715_n
ペモリ)
11年はすごいですね。
確かにお店を実際利用したことあるのですが、今では予約しないと入れないくらいですが、最初2年は厳しかったんですね。
今のようにお客様がたくさん入るようになったきっかけのようなことはあったのですか?

加藤)
2年間は本当にきつかったですね。売上もないし、アルバイトもどんどんやめていくし。。
「何かしないと」と色々なことをやっていましたが、今聞かれて思い浮かんだことは、
その当時、私と料理長とさっきお伝えしたアガリコに転職したスタッフなどと「毎日築地に行こう!」と決めました。
夜中に仕事が終わってそのまま築地に行って、料理長から買い方・値切り方など教えてもらいつつ、料理のアイデアを出し合っていきました。
時間を削って試行錯誤した結果、とにかくそのメニューを売りたいという思いが強くなりました。
そして料理に自信がでたので、接客での説得力も出るようになったし、メニューのネーミングまで全然変わってきました。
その頃から売上がすぐ倍になりました。精神論ってあるんだなぁと思ったし、それによってスタッフが団結できましたね。
それまでは料理長と喧嘩ばかりしていたけど、こういうことがあってからはお店を良くする為に話し合って、
あるお客様の誕生日会があった時には、スタッフみんなで夜中楽器の練習をして「翼を下さい」を披露したり、今思うと非常に良い思い出です。

 

4
ペモリ)
すごい良い話ですね。精神論ってあるものなんですね。

加藤)
私は非常に大事だと思っています。
今は長崎五島列島から魚を直送しています。血抜きや神経締めをしっかりして、綺麗に箱に入れて届くので、魚の扱いが非常に丁寧なのですが、そもそもお客様の繋がりで紹介して頂き、現地まで行き船に乗せてもらったり漁の仕方を見せて頂いたので、自信を持って提供できるのもあります。

また先日OPENした江古田「とろわる」は私の知り合いそれぞれ物件を見つけて頂き、内装デザインして頂き、日本酒を選んで頂き、メニューを見て頂いたり助けられっぱなしですが、
どういう人がどういう思いでやってくれたかというところは非常に大事で「思い入れ」が強くなりますね。

 

3
ペモリ)
いいですね。
中野はいつから関わりがあるのですか?また中野の良いところを教えてください。

加藤)
中野は11年前の「雛家」がOPENしてから来るようになりました。
厳しかった最初の2年はやはり嫌いでしたね。笑
でも今は大好きです。中野に来るとホッとします。なんかゆるくて、スタッフや知り合いの飲み屋や人がいっぱいあるので、帰って来たという感じがしますね。

ペモリ)
中野を一言で言うと?

加藤)
帰ってくる街ですね。

 

9
ペモリ)
中野の好きな場所やお店を教えてください。

加藤)
「豊海屋」という台湾料理屋で焼き鳥の麻辣味が珍しく食べたらやみつきになり一時期毎日食べていました。マスター・ママの人柄も良く、朝までやっていて仕事終わりにも行きやすく知り合いの飲食系の方々が夜中によくいます。。

「修静堂」という串焼きのお店で、焼き鳥系だけでなく、しそ巻きなど巻き串焼きのバリエーションが豊富で美味しく、独特なマスターの居心地が楽しい時間を過ごせます。

「加賀屋 中野店」というFCで店舗展開する大衆居酒屋ですが、中野店が好きで、酒場の原点だと思います。女将さんがすごい良く、体調を考えて野菜を出してくれたり、オススメが入ったらそれを勧めてくれたり女将さんが大好きです。

 

11
ペモリ)
ありがとうございました。
人間関係を大切にし、非常に愛情深い魅力的な方でした。
次回は個性的なママだそうです。
次回もお楽しみに!

加藤)
ありがとうございました。
次回も宜しくお願いします。

続きを読む