No.023「岩井 誠」さん

2top
ペモリ)

初めまして。前回ゲストの「國吉 広太」さんからご紹介頂きました「岩井 誠」さん、本日は宜しくお願いします。
中野駅南口のかわ焼きのお店の店長で、ボキャブラリー豊富で楽しい方だと伺いました。

岩井)
初めまして。中野駅南口五差路の近くでとりかわ焼きのお店「かわ焼き まいける」で店長をしております。
國吉さんとはお互いお店を行き来する仲で、来れなかったのですが今日も取材に参戦しようと企んでいましたよ。笑
ボキャブラリー豊富ですか。。今は飲食一本ですが、以前は内装やスポーツトレーナー、その関係で趣味でボディービル観戦したり、知らないことでも何でもやってみようとすることが好きだからですかね。

ペモリ)
えーーボディビル観戦ですか?笑

岩井)
はい。笑 もともとスポーツトレーナーをやっていたこともありここの筋肉こんなつくのー?とついつい見てしまいます。
他には気が向いたら知らない街に行って、なんの計画もなく一人モヤモヤさまぁ〜ずみたいなぶらり旅を良くします。

 

7
ペモリ)

そうなんですね。
「かわ焼き まいける」はどういったお店ですか?

岩井)
「かわ焼き まいける」は九州では人気の焼き鳥のかわをメインとしたお店で、都内ではなかなかないので面白いかという思いから2年半前に社長が中野店に1号店をオープンしました。一般の焼き鳥屋とちがい、鳥かわを弱火で焼き脂を落とすと言う工程を4〜7日行い、脂っぽくなく、スナックのようなおつまみ感覚で食べられるんです。本場でもそうですがうちでもかわを1人で5本10本と召し上がれる方が普通にいます。
また九州では大衆居酒屋・屋台文化が根強いため、ドリンクはホッピー中心にしたり、店内のカウンターをコの字にして真ん中に焼き場と鉄板を置くことで屋台のようなパフォーマンスとしての雰囲気も作っています。
看板などロゴには「まいける」の間に小さい「ぁ」をいれて「まぁいける」として、「今日あんまお金ないけど安いからまぁいけるじゃん。」とか大阪ではうまいという意味をこめて「まぁいける」と言うところからこのようなネーミングになっています。

 

10

ペモリ)
ユニークなネーミングですね。
岩井さんはオープン当時からいたのですか?
社長とはもともとお知り合いだったのですか?

岩井)
いえ、中野店店長として来たのは去年の8月からです。
もともとは社長の阿佐ヶ谷の系列店の2軒隣で私が働いていたことから面識があり、
人手不足で空いている時だけ手伝っていました。
「かわ焼き まいける」を練馬の桜台に出すとなった時に立ち上げからやることになり、気づいたら中野店の店長になっていました。笑
最近やっと落ち着いたので近隣のお店に挨拶回りしようかと思っています。

 

4

ペモリ)
中野の良いところってどういうところですか?

岩井)
私もお酒が好きで一人でも飲みにいくのですが、お店を通じてすぐ人と仲良くなれますよね。阿佐ヶ谷・高円寺・中野はそういう人たちが多くて、だからこそお店側も一人でも入りやすい環境を作ってくれますよね。お店の密度も高く開拓もしやすいし、はしご酒しやすく一軒じゃ終わらないですよ。お酒に困らない街です。

ペモリ)
中野を一言で言うと?

岩井)
酒に浸る街です。

 

8
ペモリ)

いいですね。笑
岩井さんの好きな場所・お店を教えてください。

岩井)
「アガリコタラート」という中野南口レンガ坂にあるアジア料理のお店ですが、もちろん料理も美味しいですが、すごいなと思ったのは朝方まで営業していて深夜帯にも関わらず大きめの店内が常連さんとかで満席だったりするのが勢いあるな〜と思います。

「よね田」という中野駅北口にある焼き鳥屋で、もともと西荻窪の人気焼き鳥屋ですが、中野にもオープンしたので行くとやっぱり美味しいし、ここの特徴でもあるのが、とにかくネタが一つ一つ大きいんです。改めてでかい!実は今の店長が昔の職場の同僚なんです。

「常蔵」という中野駅北口にある立ち飲み和食のお店で、噂に聞いていて先日初めて行ったのですが、めちゃくちゃ旨いです。割烹料理出身の店長(?)らしく立ち飲み屋のレベルでない和食料理と日本酒が非常にリーズナブルに召し上がれます。茶碗蒸しや魚系は抜群です。

 

3

ペモリ)
ありがとうございました。
自由な発想・ユーモアと行動力が魅力的な方でした。
次回もお楽しみに!

岩井)
ありがとうございました。
次回も宜しくお願いします。

 

続きを読む