No.014「ピコピコ」さん

1
ペモリ)

初めまして。前回ゲストの「りむ」さんからご紹介頂きました「ピコピコ」さん、本日は宜しくお願いします。
中野駅北口あいロードにある「大怪獣サロン」で働いており、面白い物を作っている方だと伺いました。

ピコピコ)
初めまして。あいロードにある怪獣がいっぱいのカフェバー「大怪獣サロン」で週1,2回働いています。メインの仕事は怪獣造形師で、怪獣のソフビ(ソフトビニール人形)や着ぐるみなどをデザインから造形まで全部手作りで作っています。最近有名なところで「ST 赤と白の捜査ファイル」の藤原竜也さんが入っていた怪獣「ガッキーくん」とかを作りました。テレビ、映画、プロモ関係の仕事も多く、大怪獣サロンもここのプロディーサーであり、映画監督の中野貴雄さんと仲良くさせて頂いており、監督作品の怪獣を作ったり仕事でのお付き合いもあります。ここのお店の中に怪獣を置きたいというところから私もお店に関わるようになりました。
最近では子供の頃にハマっていた人が今大人になってハマる大人向けインディーズソフビとかが流行っているんです。

 

3
ペモリ)

デザインから造形まで全部作るって大変そうですね。この「ガッキーくん」も作られたんですか?

ピコピコ)
もちろんこのガッキーくんも作りましたよ。これは実際藤原竜也さんがドラマで使っていた着ぐるみです。世界に一つしかありません。良かったら大怪獣サロンへ見に来てください。
作るのは大変そうに見えますが、実際着ぐるみとかそんなかかかってなんですよ。しかも4畳半くらいのスペースで、ウレタンに色塗ってカッターやハサミで切ってボンドでくっつけるだけ!ソフビのほうが塗装して乾燥させてってやってたら1ヶ月くらいかかりますね。

ペモリ)
すごいですね。そうなんですね。このようなお仕事を始めたきっかけってなんですか?

ピコピコ)
もともとはぬいぐるみを作るのが趣味でギャラリーなどで展示していました。当時バンドをやっていたこともあり、衣装として着ぐるみを作ったのがきっかけです。アニメや特撮も好きで好きなことを続けていたら仕事になりました。

 

6
ペモリ)

ピコピコさんが作ったオススメのキャラクターとかはあるんですか?

ピコピコ)
オススメは何と言っても大怪獣サロンの看板娘「ムーチョ」です。中野ちびっこハロウィンパレードでは4年ほど参加しており、今では子供たちに「ムーチョーー」と声をかけられるくらいになりました。笑

 

7
ペモリ)

中野の良いところってどのようなところですか?

ピコピコ)
やっぱりサブカルですね。ブロードウェイはお店と関係なく昔から来ていました。サブカルが集まるので流通も早く毎週来ても変化があり飽きないですね。今では仕事兼プライベートで良くブロードウェイをぶらぶらしています。笑
大怪獣サロンもブロードウェイと親和性が高く、今では海外からや全国からマニアが来て頂けて本当に嬉しいです。
マニアや子供連れはもちろんですが、最近では女性が一人で来られて「かわいいかわいい」とファンになったりする方もいるんですよ。

ペモリ)
中野の魅力を一言で言うと?

ピコピコ)
おもちゃの街です。

 

4
ペモリ)

中野で好きなお店や場所を教えてください。

ピコピコ)
「ROBOT ROBOT」というブロードウェイにあるおもちゃ屋です。海外から中古や新品のその辺では売ってないようなおもちゃを仕入れて販売しています。ここは似たようなお店が多くなりがちだから変わったおもちゃが多く面白いですね。最初はただの客として行ってましたが今では仲良くさせて頂いております。

「One up.」もブロードウェイのおもちゃ屋です。オリジナルのソフビを取り扱ったいたり中古を仕入れて安く売っています。私自身が作った商品も置かせてもらっていてお世話になっています。

「Bar HERO 3」はあいロード「大怪獣サロン」の上にあるバーですが、仮面ライダーV3役の宮内洋さんの息子さんが始めたお店です。お酒とヒーロー系などサブカル好きにはたまらないお店です。ヒーローのお店と怪獣のお店が何故か仲良くさせて頂いております。笑

 

9
ペモリ)

ありがとうございました。
創造性豊かで、気さくな魅力的な方でした。
次回もお楽しみに!

ピコピコ)
ありがとうございました。
次回も宜しくお願いします。

 

 

8
《プロフィール》
名前:ピコピコ
活動:怪獣造形師、「大怪獣サロン」スタッフ

住所:「大怪獣サロン」
〒165-0026 東京都中野区新井1-14-16 ライオンズマンション中野第5 B-102
TEL:03-5942-7382
「大怪獣サロン」twitter
「大怪獣サロン」なかのっちページ

趣味:ブロードウェイ巡り、ぬいぐるみ作り

続きを読む