No.008「田辺 裕子」さん

1
ペモリ)
初めまして。前回の「田中 大輔」さんからご紹介頂きました「田辺 裕子」さん、本日は宜しくお願いします。中野の子供の為に頑張っている方だと伺いましたがどのようなことをされているの ですか?

田辺)
私は今中野区の教育長として教育委員会の事務の総括や区立の小中学校の管理運営などを行っております。 もともと田中区長とは区長が区の職員の時から一緒で私も大学卒業後中野区の職員として働かせて頂 いておりました。職員の時からずっと子供関係の仕事が多く、区民活動センターや地域の 人、子供会、PTAなどと関わりが多く、児童館のお仕事や地区委員会で芋掘りやお祭り、キャンプなど子供の為の活動を常にお手伝いさせて頂いてきました。教育長という立場で予算を獲得し子供の為の新たな事業なども 行っています。

IMG_3090

ペモリ) 新しい事業ってどのようなことですか?

田辺)
今主にやっているのは小中連携教育といい、現状子供の数が減ってきていて兄弟の少ない家が増え てきている為、小中が一緒に部活動を行ったり、小学校の先生が中学校を教えたり、中学校の先 生が小学生を教えたりすることにより、子供の学力、体力、心の教育などの向上を測っています。 また中学に入ると新しい環境に馴染めず学校に来なくなる「中一ギャップ」対策としても中学校へのハードルを下げる為に行っています。

4
ペモリ)
お子様はいらっしゃるのですか?

田辺)
子供は男3兄弟だったので大変でしたね~。笑 食べ盛りの時は3人の弁当+部活用のおにぎりを作ってて 1日1升くらいご飯を炊いていましたね。頻繁にある部活の合宿費なども3人分だと大変でしたね。でもそんな時期があったからこそ、今の親御さんの気持ちが分かるので、子育てが仕事に役に立っ たり仕事が子育てに役に立ったりしていますね。もう今は5ヶ月の孫を可愛がるだけですけどね~。

6
ペモリ)
中野はどのようなところが好きですか?

田辺)
子供会もそうですが子育て仲間など横のコミュニティが多いのが魅力ですね。繋がりがあれば子育て も安心ですが、何より楽しいですね。9年前からフラダンスをやっているのですが、区の職員でフラダンス部を作ったり、スペイン料理のお店に赤ワインを飲みながら、スペイン語を習いに行ったり、子育てを終えてから多くの活動に参加しています。 次のチャンプルフェスタでフラダンスも参加します。

ペモリ)
多趣味ですね。

田辺)
昔から動いてないと気が済まないんです。この他にもママ友の紹介で2,3ヶ月 に1回東京の坂道を歩き文化に触れる会に参加しています。その会の主宰者が日本坂道学会の会長で、副会長がタモリさんなんですよ。笑

ペモリ)
え!!そうなんですね。ご縁があったら。笑 中野を一言で言うと?

田辺) 古い部分と新しい部分が混ざり合ったエネルギッシュな街です。

3
ペモリ)
中野の好きなお店や場所など教えて下さい。

田辺)
その坂道の会の活動をしてから古い文化も好きで、例えば中野だと、

「東中野氷川神社」とかは「力石」という当時若者が力くらべをする為に石を肩に担いだり、持ち上げ たりした石があったり昔の文化を見れるのは良いですね。

「焚き火の里」という中野上高田にあるお屋敷は「かきねの かきねのまがりかど たき火だ たき火だ おちばたき~♪」の童謡「焚き火」の発祥の地なんです。

「中野セントラルパーク」は良いですね。一日中いられますよね。ランチしてお茶して子供と遊んで…。都内の駅前でシート引いてピクニックができる場所って珍しいですよね。

ペモリ)
ありがとうございます。教育長として中野の子供の為に頑張る一面に対して、全く気取らず、孫を可愛いがったり、好奇心旺盛でフラダンスなど趣味に充実した魅力的な方でした。ありがとうございました。 次は非常にエネルギッシュな方だそうです。お楽しみに!

田辺)
ありがとうございました。次も宜しくお願いします。

続きを読む